>  > 実物はやっぱり違うんです

実物はやっぱり違うんです

実際に風俗嬢と遊ぶと、やっぱりホームページとは違うなってことに気付かされますよ。それは写真が違うって意味じゃないですよ(笑)ホームページのプロフからだけでは全てを説明出来ないというか、いくらホームページではあっても女の子の紹介のスペースは限られているんです。だからある程度代表的な特徴だったり、分かりやすいキャッチフレーズにすると思うんです。だから実際に風俗嬢と楽しむと、「こんな魅力もあるのか」「こんなことも出来るのか」と驚かされることも多いんじゃないかなって思いますけどね。むしろそれが風俗の一つの醍醐味でもあるんじゃないかなって思うんですよ。判断材料だけですべてを分かって気になるのは無理というか、知らない部分を見れる楽しさがあるのも風俗の魅力なんじゃないかなと思うので、風俗ではいろんな形で楽しめるよう、そんなにホームページを見て予習に明け暮れる必要はないんじゃないかなって思いますけどね(笑)

綺麗に感じたんですよね

可愛い雰囲気の風俗嬢が好きな自分が、彼女のことをホームページで見て惹かれたのは、それはやっぱり彼女が可愛い雰囲気だったからだと思ったんですけど、実物はどちらかと言えば可愛いというよりもきれいな雰囲気だったんですよね。もちろんこれは苦情でもなんでもありません。嬉しい悲鳴です(笑)別に可愛い系の風俗嬢が好きでも、だからといって綺麗系の風俗嬢が嫌いって話ではないですしね。それで思い切り楽しませてもらいましたけど、彼女のような存在、最高ですよ(笑)なぜなら彼女の存在感がかなりのものだったんですよ。そこに大きな感動がありました。可愛いと思っていたけど綺麗系。しかもかなり雰囲気というかオーラがあるんですよね。そこに大きな感動が待っていたんです。それで彼女との時間をより楽しむことが出来たのかもしれませ。細かいテクニカルな話ではなく、彼女の存在そのものに感動させられたんです。だからこそ、彼女のことは忘れられませんね。

[ 2017-06-03 ]

カテゴリ: 風俗体験談